200年住宅、長期優良住宅、ソーラーサーキットの高砂建設【感動の家づくり】
by takasagokensetu
LINKS
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
感動の上棟式
ある検査のために


板橋の大病院に朝からこもっていても


容赦なく会社からはメールが届く。


ありがたい。





そんな中で藤岡君からのメール。




「奥さんに話があるんですが・・・・」





妻が藤岡君に電話を入れる。



深刻な話なのか何なのかはさておき



藤岡君はスズキの妻に



何の用だったのだろう??






午後は千葉県柏市でF様の上棟式に出席。




施主様はいっとき



高砂での家づくりを



ご予算の関係であきらめかけたらしい。





しかしF様の奥様が



「もう、高砂さんの家を知ってしまったら


 他の家はありえないでしょう。


 高砂さんにお願いしましょうよ」





と、ご主人を説得したというエピソードを



参加した職人さんの前で披露。



F様とはご契約まで、スズキも打合せに何度も立ち会ったが



そんなエピソードがあることは知らなかった。



奥様は打合せのときはほとんどお話にならずに



ひたすら、スズキにお茶とお新香を出していただいた



イメージが強い。






営業担当の濱田さんから



奥様に花束贈呈のサプライズ。



その花束を受け取ったいただいたときに



そのお話をしていただいた。








「家づくりにはドラマがある」






そのお話を聞いたとき



袴田棟梁とスズキは



目で語り合ったのだ。





そのF様ご夫妻も参加してくださる



「ふるさとふれあい紀行」



今回はバーベキューの時間に



様々な催しがあるらしい・・・・。







あっ、言っちゃいけなかった??










d0172014_224233.jpg

もう、おしゃべりなんだから!


当日は頼みますよ!














あなたは、ビッグサイトのとき



どうしてました??









では。





下のマークを「プチッ」っとクリックしていただけると
一票入ります。皆さんの応援が励みです。よろしく・・・



人気ブログランキングへ






高砂建設 営業部  鈴木裕之 (F様の上棟式で気持ちよく挨拶をしていたら、とんでもない言い間違いをしてしまい、空気を凍らせた男。ひたすら平謝り・・・・)
株式会社 高砂建設
長期優良住宅 先導的モデル事業  200年住宅
ソーラーサーキットの家 重量木骨の家


by takasagokensetu | 2011-05-25 22:10
<< 人格者 アニーのマッサージ >>